Archive [2008年02月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

老いる…

F先生のレッスン。ブルジョワの協奏曲を持っていたっけど、色々お話して基礎をいて頂きました。ブレスコントロールは奥が深いです。また、目に見えないものだけあって、難しいですね。しかし最後は老いの話に…前にも言われてた事ですが、やはり老いとどう付き合っていくかそれを考えなければいけないようです。老いと共に奏法は、よりシンプルにそして、テクニカルなパッセージを演奏するのは、若い人に任せてより音色重視な演奏...

三人の架空の紳士たちの物語

M先生のレッスン。まずは、ボボのエチュードをみてもらいました。単純な楽譜なのに、M先生と僕とでは天と地の差が…それから、ブルジョワの協奏曲。いいとこなしやね。前にも同じような事を言われたのですが「ハイトーンは特殊技術。コツを掴めば、いくらでも吹ける。無理やりはよくない。一度コツを掴んでも、練習してなければ吹けなくなる。そういう繊細なバランスの上に成り立ってる。」痛感します…レッスンの後に、次回の市音...

I 中の合奏

今日はボディパの予定でしたがこんど指導に来ていただける方々が、見学したいと仰るので、通常合奏になりました。卒業式の曲が、かなりやばいので蕾を仕上げるつもりでやりましたが、残念ながら最後まで行かず@@;結局色々やっても、最後は個人レベルに行き着くよな~などと思った今日この頃です。終わってから、見学に来られた方々とお話。作曲専攻をSAXと聞き間違えたよ…1人可愛い人いたぁ~(〃∇〃) てれっ☆...

T高校のレッスン

金管セクションでセドナの続きをみてきました。ハーモニーを中心に、響き作りってかんじですね。ここの学校もそうなのですが、Tuの音程が全体的に低いです。初級のTuにありがちなことなのかな?ちょっと調べた方が、よさげですね。...

I 寺子屋の指導でござる

来月おこなう、老人ほーむでの演奏のために金五の六甲おろしをみてき候。意外と上手く出来そうな感じでござるのう。一年生も頑張ってくれてるようで、素晴らしゐことでござる。ただ、皆のもの良ゐ音で綺麗には吹けるのでござるがもう少し、ぱんちの効ゐたあくせんとが、ほしゐでござる。と申す感じで、今流行?のもんじらふを使ってみ候。もんじろう(コトバ変換)http://monjiro.net...

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。