Archive [2009年10月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

さらば3年生!

今日で3年生とは、お別れ。あっという間ですね。光陰矢のごとしとは、このことですな。最後に1曲演奏してくれたのですが、一人一人がしっかり鳴っていてとてもいい演奏でした。この調子で、文化祭も頑張ってほしいですね。僕も1曲吹いたのですが、台詞とか入れたら感動的ちゃうん!と思って喋ったら、うけてたwブラバンを通して、同じ道をみんなと歩いてきましたがこれからはみんな、それぞれの道に進んでいくんですね。どこま...

現代音楽作品展

現代曲の深みをわかるには、まだまだ若すぎるなと感じましたw金管トリオは、音楽的にも聞きやすかった気がします。編成はHr・Euph・Tu。やっぱり曲よりも、編成に目がいってしまいますね。音域的には、いい感じかなぁと思ったのですがEuphがTuとブレンドしすぎるので、音色がどうしてもTuよりに感じHrだけが、とてもクリアに聞こえるというかHrの線の細さが、際立った感じでした。Hrの美しさは堪能できるのですが…Tu=Euph   ...

藤原功次郎 トロンボーン・リサイタル vol.1

ロメジュリに委嘱作品、展覧会に火の鳥、そしてダヴィッド。めちゃ贅沢なプログラム♪一発目のロメジュリから聞かせてくれましたね~ちょっとハマっちゃて、最近よく吹いて遊んでますw2曲目の委嘱作品は、彼の人生を描いたもの。めっちゃかっこいい人生やん!本当にかっこいい曲なのですが、他の人が演奏するのはためらわれるかも!?再演望むって感じですね。展覧会は御本人のアレンジで、トークを交えて演奏されました。ちょっ...

情熱大陸

行ってきました葉加瀬太郎!アマオケをバックにメンコン。実は今まで、ちゃんと聞いたことがなくてもちろん生でも初めてでした。葉加瀬さんね。出だしつまったり、音程があれ?みたいなこともあったのですがめちゃ情熱的な、メンデルスゾーンやった。ある種、独特な世界観が確立してるよなこの人ってな感じの演奏で面白かったですね。葉加瀬×クラシックってのも、なかなか聴く機会ないしね。アンコールはスインギング・バッハとい...

フリーズタン

スランプなんて言葉、気安く使いたくはないけれどスランプですwハイトーンに対するアプローチは、色々あると思いますが僕がこだわっていたのは、その音のみでも気軽に鳴らせるということ。たとえばゴーランドの1番とか、ボレロのTbとかいきなりハイトーンでも、なんてことありませんって感じで。ですので、そのような練習も、当然ですがメニューに入れてありました。最近は特に、ボレロにハマッてたり。シルバーウィーク明け。hi...

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。