Archive [2011年05月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

プチ室内楽

披露宴用のデモテープを作りに、南の方へ行って来ました。雨の日に、楽器をもっての移動は、ほんとやですね~メドレー形式の曲で、編成はフルート・ユーフォ・ピアノのトリオ。でもピアノの楽譜が間に合わなかったので、アレンジしながらになりしかも調号が多かったので、急遽4手にw申し訳ない…フルートとやるのは久々なんですが、意外と合いますね。フルートの人って、音を大切にして歌うので、一緒に演奏するととても勉強にな...

ファミリーマート

ファミマちゃうねんで。!!...

第7回 大阪国際室内楽コンクール 本選

弦楽四重奏の部門と、管楽アンサンブル(サックスQ、木5、金5)部門の本選でした。同属楽器のアンサンブルは多々ありますが、弦楽四重奏ほど洗練されたアンサンブルはないよなぁ、というのが正直な感想。演奏される曲も、時間という「ふるい」にかけられ残ってきた曲ですし、これぞ室内楽って感じでした。管楽は予選の方が、曲的に面白かったかなぁとちょっと残念。サックスQのハイドンとか、聞いてみたかったですね。あと、同じ...

第7回 大阪国際室内楽フェスタ 予選2日目

2日目のエントリーは6団体。そのうち5団体が、本選への切符を手にされました。おめでとうございます♪予選の審査方法は、審査員各人が各団体100点満点で採点し上位8団体を本選に推薦、それを集計して、推薦数の多い上位8団体が本選出場という流れでした。審査しといてあれですが、2日目からこれだけ予選通過したのはなんか納得いかない部分も。まぁ演奏者の方が、もっとモヤモヤしてるでしょうしコンクールは結果が全て!...

第7回 大阪国際室内楽フェスタ 予選1日目

審査員してきました。エントリーしたのは、29ヵ国146団体から事前審査で選ばれた12ヵ国23団体のはずでしたが、原発のこともあり棄権される団体が多く10ヵ国16団体に。最近、海外のアーティストの公演が、色々と中止になるのを聞くと仕方ないと思う反面、寂しいというか、日本ってそんなもんかぁと思ったりしてしまいます。まぁ立場が逆なら、同じ発想になるかもですが。というのも、報道を見る限り、どうひいきめに見ても好転して...

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。