Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスンについて

大阪市音楽団から講師を招いての I 中での講習会。
今回は木管セクションと打楽器です。
生徒だけでなく、僕自身も直接アドバイスを頂き
非常に充実した一日でした。
ただ同時に、生徒の理解の浅さも痛感した一日でもあります。
あくまで例え話ですが、講師の方がブレスコントロールに重点を置き
ロングトーンの練習を説明したとします。
ロングトーンは四分音符=60のテンポで4拍としましょう。
この場合、ブレスコントロールをマスターする為に
ロングトーンを使うということになります。
しかし多くの生徒が受け取った事は、四分音符=60で4拍の
ロングトーンをするということ…
これだと意味がないですよね。
案の定、前回のレッスンと同じことを指摘されていました。
講師の方は超一流なのに、バンドにはそれを受け取るための
下地が出来ていないように思えます。
生徒達の意識改革も、やっていかねばいけませんね。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。