Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天才肌な彼

とある方が、コンクールで優勝した話を聞きました。
彼のことを知ったのは、昔受けたコンクール。
彼はそのコンクールの高校生部門で、何度も優勝していました。
そして昨年受けた某コンクールで、彼と再会しました。
と言っても、楽屋でチラ見しただけですが@@;
たしか彼は、音楽大学に進まなかったと思います。
楽屋での彼は、昨日は彼女の家に泊まったとか
他愛もないことを話していて、少し嫌悪感を持ちました。
コンクールの前日に彼女と!?普通はコンディション作りの為に
もっと神経質になるんじゃないの!?
などと思いましたが、まぁ今考えると嫉妬ですなw
暗譜に不安があった僕は、本番で大コケ。予選の結果も見ずに
伴奏者と憂さ晴らしに行きました。
次に彼を見かけたのは、友人の乗っていたオケ。
いいなぁ~などと思いましたw
そして最近、彼があのコンクールで優勝していた事を知りました。

ショックでした。

音楽大学にも行かず、コンクール前夜は彼女と遊んで
そして優勝。

彼は天才なんだ。そう思いました。

そうでしょうか?

彼を天才だと思うことは、ハッキリ言って自分に対するいいわけです。
彼は天才だから優勝したんじゃない。もちろん、努力したからでもない。
いい演奏をしたから優勝したんです。
コンクールは天才が優勝するわけじゃないんです。
いい演奏をした人が優勝するんです。
一番いい演奏をした人が。

悔しかったら、いい演奏しろ!


P.S リンク1件追加しました。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。