Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知識の蔵書館 2F レミントン・ウォームアップ・スタディ

僕が学生のころは、アーバン・レミントン・ロッシュの3点セットが
スタンダードだったように思います。
レミントンには、リップスラーの譜例が沢山載っており
そこを中心に、練習しました。
ウォームアップ・スタディって書いてるけど
このリップスラーは、あきらかにウォームアップじゃないよな…

ロングトーンやタンギングの練習は、シンプルな形で書かれてますが
シンプルなものほど、難しいものはないなと、今では思います。
この教則本も、学生のころから、ずっと使い続けてます。
形に囚われず、レミントンをもとに、自分の力量に合わせ
色々と発展させる事も出来る、教則本ではないかと。

解説がレミントンとハンスバーガーの、会話形式というのも
興味深いとこですね。
英語で書かれてますが、是非とも訳してみることを
おすすめします!
10行くらいで、挫折しましたがΣΣ( ̄◇ ̄;)!
死ぬまでには、訳してみたいと思います…

かなり、うろ覚えですが、リップスラーはアメリカ人が始めたとか…
たぶん…そんなだった気が…
バズィングはアメリカ人ってのは、覚えてるんですが^^;
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。