Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I 中物語~そして銅賞へ  Ep9闇の誘惑

I 中に限らず、コンクールのあとに悔し涙を流す生徒を
今まで何人も見てきました。
その悔しさを、上達の糧としてほしいのですが
実際は、そこで泣き、スっきりして終わりってことが多いですね。
負けを引きずってしまうことは、良くないですが
コンクールが終わった時から、次のコンクールは始まっているのですよ。
いかにその1年間を過ごすかで、翌年の結果が変わってきますよね。
確かに、世の中おもろいことがいっぱいですし、コツコツと練習するのは
苦痛ではあります。僕自身、練習嫌いですし…
しかし音楽とは、本番が一番楽しくあるべきで
そのために、厳しい練習をしていくのではないでしょうか?
練習が一番楽しいってのは、本当に練習になっているのか
ただ単に、好き勝手吹いてしまってるのではないか
少し確認すべきだと思います。
もちろん世の中には、練習が楽しくって仕方ないって人もいるでしょうし
マゾッ気ある人は、厳しい練習が快感だったり(?)するのかもしれませんね。

それはともかく、日々日常に流されて、あの日の悔しさを忘れてしまう
どこか遠い日の記憶になってしまい、本番前に焦り
そしてまた、悔し涙を流す…これでは堂々巡りですよ。
精神論は好きではありませんが、やはり人は弱い生き物です。
いかに自分に厳しくなれるか、それが重要に思えます。
一番の敵は、自分の心なんですね。




もしワシの味方につけば 世界の半分をオマエにやろう。


     → はい   いいえ
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。