Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪4交響楽団統一問題その3

昨日に引き続き、産経新聞の記事を紹介したいと思います。
音楽にたずさわる側と、そうでない側では視点が違いますので
当然意見も違います。今回はたずさわる側、演奏者の視点です。
以下は、関フィルの主席Tpの方の発言です。

「今まで僕たちがやってきたことは伝わってなかったのか。
A氏(関経連会長)は実際に、僕らのコンサートに足を運んでくれた事が
あるのか。」

「オケの数が減って最初に影響がでるのは学校の演奏会だろう。
子供に本物に触れてもらおうと信じてやってきたのに、それさえも
否定された気がする」

「大阪に4オケがあって、それぞれが個性を持っているから
自分にも道が切り開かれた。それぞれが違う音楽を作って
ファンを増やしてきた。統合はありえない。」

記事の最後は、記事を書いた方の視点で締めくくられていました。
それに対して僕自身思うことはありますが、あえてここでは述べず
読む方の判断にお任せしようと思います。

「日々、自分たちの音楽づくりをしていれば、オーケストラの経営にまで
考えは及ばない。”A氏発言”で初めて現実に目覚めたオケマンが
ほとんど、というのが実情だ。」
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。