Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吹奏楽部というもの

最近、学生をレッスンして感じる事なのですが
この人達は、なんて演奏に他人事なんだろう…
誰かにやらされてようが、なんだろうが
本番で演奏するのは自分たちなのに、よく他人事で平気だなぁと。



吹奏楽部は他の文化部に比べて、正直きついと思います。
別にスポコンなわけじゃありません。
美術部や書道部であれば、通常、何度もやり直し
完成した物を発表します。
しかし吹奏楽部は、制作と発表が同時進行です。
やり直しなんて、ありません。
練習であれば、色々とアドバイスできますが
本番は、そうもいきません。
音が出なくてソロがこけようが、拍がずれて演奏が止まろうが
他人にはどうすることも出来ません。
舞台で頼りになるのは、自分の力だけ。
だからこそ、練習が厳しいのです。

プロオケの場合、指揮者が主役ですが
吹奏楽部の場合、どう考えても生徒が主役でしょうに。
主役が他人事って、なんやねんw


そんな、あなたがたに贈るこの言葉…





なぜ、ベストをつくさないのか

by上田次郎
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。