Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I 中物語~The legend of a golden heart Ep2 アッペルモントの呪い

今回、とにかく一番悩んだのが、選曲ですね。
彼らのいい部分を出せ、なおかつ欠点をスポイルするような曲。
3年生全員が、出来るであろう曲を探しました。
そこで問題になってくるのは、トランペット。
吹奏楽において、クラリネット・トランペット・打楽器は特に重要で
この3パートがこけると、終わってしまいます。
特に金管楽器であるトランペットはボロが出やすく、ほとんどの学校は
トランペットから崩壊していってましたね。
I 中のラッパパートは4人いるのですが、うち2人が初心者の1年生。
そして主力となるべき3年生は、打楽器からのコンバート。
厳しい状況だったように思えます。
最初はとにかく、ラッパが目立たない曲を!と思ってたのですが
ラッパの講師を迎えてから、どんどん魅力的な音に変わっていく
トランペットのメンバーを見て、この音色を効果的に使いたい!
と思うようになっていきました。
負担は少ないが、美しいラッパの音色を楽しめる曲。
そうして見つかったのが、S.ライニキーの火山の女神です。
この曲のいいところは、簡単なのに聞き栄えするってとこですね。
10/8が使われてますが、リズムは単純。
ハーモニーも5度がほとんどで、ゆっくりのとこで三和音って感じ。
ffで鳴らすところはユニゾンだったりと、至れり尽くせりですw
打楽器も目立つしね。
難点を挙げるなら、ハイトーンがあるHr1stとFlソロでしょうか。
それがクリアできるなら、この曲はおすすめですね♪


さて今回、色々な学校の演奏を聞きましたが
鬼門は「たなばた」でしたね。
多くの学校が選んでましたが、ことごとくコケてました。
作曲家本人も言っているのですが、オーケストレイションが分厚く
ごちゃごちゃしていて、整理するのが難しい曲だと思います。

もう1つは、アッペルモントの作品。
去年今年と、I 中も含め、多くの学校が演奏してますが
これまた、コケる率が高かったですね。
聞き栄えするんやけど、どうもダメみたいですね。
なかなか上手くまとめたかなって演奏を、今年聞いたのですが
結果はふるわずって感じですし。
コンクールには向いてないんかな!?
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。