Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008吹奏楽コンクールおわる

まずは、府大会で優秀賞を取った、T高校におめでとうと言いたい!
柔らかく、弦楽器のような独特なサウンド。
朝早くから、練習した甲斐があったね~♪

ここを最後に、僕が関ったコンクールも終わり。
今年は多くの会場に足を運び、色々な演奏を聞く事が出来ました。
各校それぞれ工夫していて、様々な思いが伝わる演奏だったように思います。
ただ、いくつかだけ、どうしても気になる点が…

ひとつは体の動き。
演奏していて自然に体が動く事は、よくあることだと思います。
それ自体は悪い事だとは思いませんが、必要以上に
動いている学校が、わりとありました。
活動に力を入れている学校に、多かった感じですね。
体が動くのは、音楽に体がついてくるのだと思います。
つまり「音楽>動き」です。
これが「音楽<動き」になると、実際に表現している音楽よりも
動きばかり目につき、すごく不自然ではないでしょうか。
酷い時には、滑稽にすら感じてしまいます@@;


もうひとつは、演奏後の起立。
ダラダラ立つのは論外ですが、吹き終わった瞬間に
勢いよく立つのも、どうかと思います。
せっかくの残響を、ぶち壊しですよ。
聴衆に余韻を楽しませる、余裕がほしいです。


確かにコンクールはバタバタしますし、他校との熾烈な争いもありますが
もっと音楽的に、全体が流れを、考えてもいいのになぁと感じます。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。