Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪クラシック ~ 六日目

久々にN先生とお会いして、奏法のことや
これからのユーフォ界について、色々とお話してきました。
我々の世代が、後進のために道をちゃんと作らないと
と仰ってたので、失礼かとは思いましたが大阪クラシックの話を。

大フィル主体なので、当然オケで使われる楽器のアンサンブルが
ほとんどなのですが、ギターやサックスもあったりします。
ユーフォとサックスは、ひとつの説では兄弟楽器であり
そしてオケではお客さん。
そのサックスが含まれる公演が、6公演あるのに対して
(もちろんサックス単独公演もあり)ユーフォは0公演…



こんなことで、いいんですか!

☆戯言です…スルーしてください…☆
大フィル自体からユーフォ吹きが嫌われているという
噂もチラホラ聞いたりもします。
以前あったClの方の発言や、トラで呼ぶときに
他パートから、吹き方があわないと反対にあったり
極めつけは、ユーフォのトラに、ボーンの人を呼んだ話でしょうか…
しかし一方で、外囿さんとCD作ったりコンサートしたりと
認められつつある一面も、あるのかなと。
今回の展覧会は、どうなってるんやろう…
僕らに出来る事は、先生方の御活躍をお祈りすることだけ…


そんなこんなで、今日最初に聞いたのが
心斎橋のショールームで、ヴァイオリンとヴィオラのデュオ。
この形態は何度か聴いたことあるんですが、やはりホールじゃないと
きびしいよなぁとか思ったり@@;
こういう悪環境のなかでも、きっちり演奏しはるとこは、流石ですよね。

その後、なんばのカフェでチューバとピアノ。
めちゃすげー!
すげー以外に言葉が出ないくらい、ほんとすごかった!

明日でラスト♪
楽しむぞ~!
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。