Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エキストラということ

アンサンブルのトラを頼まれたので、合わせに行ってきました。
編成は金6+打楽器。
営業もバリバリこなすアンサンブルで、個人レベルもすごく高いです。
なにより、メンバー全員で作り上げてきたサウンドというものを
とても感じることが出来ました。

トラはオーケストラ・吹奏楽・ブラスバンドと、一通り経験してきました。
通常、ユーフォニアムのトラとして呼ばれているので
当然ユーフォニアムパートを吹きます。
今まで、音楽の中のひとつの歯車として、そつなくこなすことを心がけてきました。
もちろんそういう場面も必要ですが、今回の経験を通し
志が低かったのでは?と感じました。

少人数では、大編成以上に、そのグループの色が強く出ると思います。
同メンバーでの、歴史が長ければ長いほど顕著です。
そつなくこなすだけでは、彼らが培ってきたそのサウンドを壊してしまう。
もっと言うならば、僕はユーフォの代奏ではなく
○○さんの代わりとして呼ばれているのです。
スタイルが違うので、模倣することは出来ないまでも
もっと積極的に、グループにあった音作りをしなければと
痛感しました。

しかし、そこまで出来ても、ようやく0点。
マイナスにならなかっただけの話。
仕事としてやる以上、プラスアルファがないと意味がないですよね@@;
本番までに、なんとかしなければ。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。