Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤原功次郎 トロンボーン・リサイタル vol.1

ロメジュリに委嘱作品、展覧会に火の鳥、そしてダヴィッド。
めちゃ贅沢なプログラム♪

一発目のロメジュリから聞かせてくれましたね~
ちょっとハマっちゃて、最近よく吹いて遊んでますw

2曲目の委嘱作品は、彼の人生を描いたもの。
めっちゃかっこいい人生やん!
本当にかっこいい曲なのですが、他の人が演奏するのは
ためらわれるかも!?
再演望むって感じですね。

展覧会は御本人のアレンジで、トークを交えて演奏されました。
ちょっと工夫しすぎた感は受けましたが、初めての方は
取っつきやすかったかも、しれませんね。
個人的には、火の鳥のほうが楽しめました。

ちょっとビブラート過多なのと、ブレスの音が耳障りな印象を
受けましたが、それは贅沢な意見かもしれませんね。

しかしなんと言っても、ダヴィッド!
お見事の一言につきますね。
スタイル的にも非常に的確ですし、なにより
とても馴染んでいるように感じました。
流石というより、ありません。

アンコールでは、感極まって涙される場面もありましたが
とても楽しめたリサイタルでした。
なんかこの方、草食系だなぁ~とか思ったりw
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。