Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代音楽作品展

現代曲の深みをわかるには、まだまだ若すぎるなと感じましたw


金管トリオは、音楽的にも聞きやすかった気がします。
編成はHr・Euph・Tu。
やっぱり曲よりも、編成に目がいってしまいますね。
音域的には、いい感じかなぁと思ったのですが
EuphがTuとブレンドしすぎるので、音色がどうしてもTuよりに感じ
Hrだけが、とてもクリアに聞こえるというか
Hrの線の細さが、際立った感じでした。Hrの美しさは堪能できるのですが…

Tu=Euph     Hr

みたいなイメージ?
EuphとHrの間に、何か欲しいような…
この際、EuphじゃなくてTbにしたほうが、バランス良いような
感じもするのですが、新しい響という点ではEuphなんでしょうか。

Euph吹きなんで、Euphよりの聞き方なんですが
こうやって色々トライして、その都度考えていくことが
未来のユーフォに繋がるんじゃないかなぁ~と思った今日このごろ。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。