Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリトンという楽器

いま流行りのインフルによる欠員で、急遽ブラスバンドのトラ。
しかもバリトン!吹いたことないし@@;
最初は前日のホール練と当日のゲネで、楽器をお借りする事に
なっていたのですが、さすがに怖かったので
無理言って、2日ほど早くお借りしました。

初めて間近にバリトンを見ましたが、思ってたよりちっちゃ!
しかも、意外と深い音鳴るよなぁ。
と思ったのも束の間、音程とれないは発音上手くいかないは
音色よくわからんし、とんでもねー!
曲もむづいし、必死こいて練習してホール練へ。
10年ぶりのブラス。しかもバリトン。
めっちゃ音浮いてた…
メンバーからも、ダメだしされまくるしw
今までラッパやクラの人の持ち替えをみて
「ふーん、あっそう。それで?」くらいにしか思ってなかったんやけど
持ち替えめちゃ大変やと、痛感しましたw

当日は行きの電車の中で、ひたすら指練習。
2時間近くかかるので、めっちゃ練習できたよ!
ゲネでは、落ち着いて周りの音が、聞けたように思います。
これが不思議なもので、それと同時にバリトンのコツが
分かってきたんですよね。
メンバーの音やホールの響き、パイプオルガンの音(今回は
パイプオルガンとブラスバンドの共演なんです!)
そういうものをよく聞いてると、あっこういう音ほしいねんな
ってのが自然と分かってくるって感じでしょうか。
こうやって音色が作られるんだなと、貴重な経験でしたね。

個人的なことを話すと、ユーフォよりも深い息を使うと
すんなりと鳴り、音程も良くなった感じです。
ユーフォで同じことをすると、不鮮明になるかと思いますが
バリトンだと、自然な感じでした。
まぁ演奏形態などにもよるとは思いますが、今回は邪魔にならん程度の
ブラスバンドのバリトンの音してたかな?
なかなか奥が深い楽器ですな~
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。