Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金管セクション

大フィルTb奏者のI氏を招いて、金管セクション。
Tbに関しては、楽器の持ち方・姿勢など
基本的なことから見ていただき、やはりそういうところは
大切だなと、再確認できました。
また手首のスナップなど、知らない事を知れたのは収穫です。
やっぱり他の楽器のことは、わかってるようで全然わかってませんよね。

セクションでは、発音・タンギングの練習を介して
呼吸や音色などのアドバイスを頂きました。
僕自身、発音は常時気にしているのですが、連続して音を区切る
タンギングの練習はおざなりになっていたので
もっとやるべきだなと、改めて感じました。

しかし、一番ハッとさせられたのは、ツバ抜きです。
ツバ抜きは、わりと頻繁にやるほうで
少なくとも曲と曲の合間には、必ず抜きます。
万が一にも、水の音がしたら困るからです。
しかし、生徒に対しては甘くなっていました。
I 氏は、生徒に言います。

「ツバ抜きせずに水の音をさせてしまうのは、それは君の失敗やで。
雑音の入った音を出してしまったわけだから、君は今、失敗したんやで。
水の音が入っても、平気な神経がおかしいんや。」

たかがツバ抜き、されどツバ抜き。
普段の練習から、どれだけ自分の音に神経を配っているか
そういうことが、あらゆる練習に影響を及ぼしますし
そういう無神経さが、本番の演奏に出てしまうのだなと痛感しました。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。