Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤング・ブラス・ソロイスト2010決勝戦

ネットラジオ?で放映してたので、聞いてみました。
決勝戦には4人エントリーしてたのですが、なんといっても最初に演奏した
ジョナサン・ベイツに驚きです!なんと14才ΣΣ( ̄◇ ̄;)!
なんてうらやましいやつw

優勝はユーフォの人みたい。
なんか改めて思ったけど、ユーフォって何やってるか分からんよね…


☆プログラム☆

ブラック・ダイク・バンド/The Black Dyke Band
・Fanfare in Jubilo (Thomas Doss)

ジョナサン・ベイツ/Jonathan Bates テナーホーン
・Concert Etude (Alexander Goedicke arr. Steve Pullin)
・Rainforest from 'Windows of the World'(Peter Graham)
・Capriccio Brillante (Herman Bellstedt arr. Sandy Smith)

ベンジャミン・リシェトン/Benjamin Richeton コルネット
・Jubilance (William Himes)

ゾーイ・ハンコック /Zoe Hancock フリューゲルホーン
・Somewhere Over The Rainbow (Harold Arlen & Yip Harburg arr. Ray Farr)
・Song and Dance (Philip Sparke)

マシュー・ホワイト/Matthew White ユーフォニアム
・Movements: II - The Final Problem & III - The Great Race
from 'In League With Extraordinary Gentlemen (Concert for Euphonium)'(Peter Graham)

演奏はこちら~
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。