Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪市音楽団 第100回定期演奏会

いつも上手いと思うんですが、今日は更に上手かった!
金管群のワイドでゴージャスな鳴りが、同じ金管吹きには、たまりませんw

第100回という記念演奏会でもあるので、シンフォニーを2曲
並べたプログラムでした。
大好きな指輪物語を、また生で聞けたのが嬉しかったです。
各楽章、すごく魅力的なのですが、僕はやっぱり
モリア坑道~ガザド=デュムの橋が好きですね~
めっちゃ物語が描写されていて、原作・映画ともに知ってる者としては
ワクワクしっぱなしですw

もう1曲は、バーンズの交響曲第三番。
トロンボーンかっこえ~ホルンかっこえ~
でもなんといっても、この曲の真骨頂は3楽章。
美しすぎます!
儚くも悲しく、まるでこの世の音楽とは、思えないまでの美しさ。
亡き娘への思いを綴った第3楽章、ナタリーのために
バーンズの魂のこもった、まさに渾身の一曲です!!!!

最後にユーフォのユニゾンが、天国のナタリーに向けて
お別れを告げたように感じました。
ベルが天を向き、そして優しい音色を持つ、ユーフォならではの
効果かなと思います。


話しは前後しますが、一番最初に市歌を演奏しました。(指揮は平松市長!)
この市歌、ファンファーレが常設しているのですが、それがなんと
リードの作曲!
しかも市歌本体は、大栗裕の編曲と、なんとも贅沢な大阪市♪
この文化を消したくないですね~
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。