Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続 吹奏楽の授業

実技試験がありました。

今学期、取り組んだ曲は2曲。
ひとつは歌謡曲のメドレー、ひとつはクラシックの組曲。
その中から、演奏箇所を当日指定で、一人ずつ別室にて
演奏していただきました。

個人的な感想としては、吹奏楽部員の人達は
ミスをするということに対して、少し鈍感かな?
吹奏楽部員以外の人達は、逆にミスを恐れず
もっともっと、のびのび演奏してほしかったですね。

ミスは誰しも、してしまうものではありますが
音楽にとって、必要ない要素でもあります。
せっかく、音楽と触れ合う機会を、持っているのだから
いま奏でている音楽に集中できるよう、凡ミスを
減らしていけるといいですよね。

そして演奏するということを通して、自己を表現することを
もっと学んでもらえたらなぁと思います。
演奏するという行為は、作曲家の心を再現する行為ですが
今回の試験のように、ソロで演奏する場合は
それと同時に、自分自身をいかによく魅せるか
つまり自身のプロデュースでも、あるかと思います。
これは音楽以外の場でも、とても活かせることなので
ぜひとも吹奏楽の授業を通して、身につけられるといいですね。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。