Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tyabo-zu管楽器工房

もう、いつ頃からかは定かではありませんが、4番管の鳴りの悪さが
とても気になっていました。
ただ、僕の楽器は15年以上昔の楽器ですので、今の楽器と比べたら
悪くて当然だと思いますし、自分自身のレベルもあるかと考えていました。
がしかし、この夏、僕の楽器とほぼ同じモデルを吹く機会があり
これは僕の楽器自体に問題があるなと確信し、今回、調整に出そうと決心しました。

そこまで決めたら、あとはどこに出すかですね。
本来ならば、著名で実績のあるお店だと思いますが、個人的な繋がりが薄いと
あとにまわされたり、トップの人ではなく、他のスタッフがみることになるかと
思い(もちろん他のスタッフの方々も、実力者だと思いますが)
個人的に信頼できる方に、診て頂けたらと考えていました。

そこで思い当たったのが、Tyabo-zu管楽器工房の梅澤さん。
もとは公務員をされていた方で、二年前に開業された変り種(と言ったら失礼かな^^;
僕の伺っている学校にも出入りされている方なのですが、仕事が物凄く丁寧なのに
ものすごく早いんですね。
学校がテストシーズンのこの時期、めちゃくちゃ忙しいだろうに
二時間以上も丁寧に時間をかけ、ありとあらゆる可能性を調べて下さいました。


結果としては、制作時のおけるピストン付近での、ロウ付けの吹きこぼれが
非常に怪しいとのこと。
ただ楽器の心臓部のことなので、多額の費用をかけて治すかは
思い悩むところです。
文章で書くと、非常に冷たく感じて嫌なのですが、要はそこまでして
今の楽器を治す意味があるのかと。
やはり大手術になると、楽器の性格が随分変わってしまうこともあるでしょうし
それなら、その費用を新しい楽器購入につぎ込んだ方が、経済的だったりします。
最悪、愛器との付き合いは、ここが限界ってことになります…


そして、梅澤さんは仰いました。

これを手掛けることは、私のレベルを逸脱することなので
もっとレベルの高いリペアマンに、診て頂くのが良いかと思います。
そうすれば、私の見立てが間違っていることが、判明する可能性もありますし
むしろその方が、私は嬉しい。


なんて謙虚で誠実で、そして優しさに満ち溢れた御方なんだろう!


最近、自信過剰で自画自賛な人たちと接することが多かったので、心打たれました。
梅澤さんは、お力になれなくて、とても悔しいと仰ってましたが
僕にとってこの時間は、人として学ぶ事が多く、とても有意義な時間だったように思います。
仰られたとおり、他の方にも診ていただこうと思いますが
どんな結果が出ても、梅澤さんに診て頂いたことで、受け入れる事が出来ると思います。
僕の楽器は、幸せ者やなぁ~

Tyabo-zu管楽器工房はこちら


梅澤さん
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。