Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P.F.ドラッカー

今年、一番気になってた本が、もしドラ。

もし高校野球の女子マネージャーが
ドラッカーの「マネジメント」を読んだら

ただ表紙が表紙なんで、買いづらいよなぁと思ってたのですが
メディアで、真面目な(?)評論家の人が宣伝してたり
書店でもコーナーを作って販売しだしたりして、ちょっと買いやすく
なったかなぁって時に買いましたw

小説としては御都合主義ではありますが、ドラッカーの入門
かなーり入り口な感じですが、そういう意味では
面白い本だったかと思います。
僕も多くの人と同じく、もしドラを読んだあとに
マネジメントのエッセンシャル版を購入しました。
めっちゃ販売戦略に、のせられてるなw

マネジメントを手に取った理由は、ただひとつ。

もしドラの主人公が、真摯さとは何かを考える場面がありました。
プロセスか結果かを問われる場面です。
元になったドラッカーでは、どのように書いてあるのか
それが、とても気になった為です。

僕はその答えのヒントを、146ページに見たような気がします。
以前の僕は、結果が全てと思っていましたし、今でも自分自身に
対してだけは、そのように考えています。
良かろうが悪かろうが、その結果を受け入れない限り
前には進めませんので。

しかし、努力は必ず実を結ぶわけではないです。
良い結果を目指して努力しないのは、もったいないことと思いますが
残念ながら結果が出なくても、その人がされた努力は尊いものかと感じます。
その努力には、敬意を払うべきではないでしょうか。

ドラッガー
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。