Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GROW 第9回 定期演奏会

今回は、なんと言ってもベートーヴェンの5番。

今でこそ言えますが、最初に曲目を聞いた時は
なんちゅーことするんだろ…と思いました。
だってユーフォ5人で、ベートーヴェンのシンフォニーって
ありえないですよね。
途中でポップな感じにでも、なるんかなぁみたいな。


しかし、予想を裏切る大真面目な演奏にビックリ。
しかも、これがいいんですよ。
サウンドも、ガッチリ噛み合っていて、石田先生のアレンジが
冴え渡るってっ感じです♪
もちろんメンバーの方々の、音楽性と技術があってこそですがね!


ユーフォニアムのアンサンブルを聞いて、これほどまでに
新鮮な気持ちになったのは、初めてでした。
アハ体験!?なんか開いたって感じ。

この大作曲家シリーズ、そのうち録音してほしいかも♪
スポンサーサイト

Comment

No title 

いつも細かいとこしっかり聞いてますね!
あのミュートは楽譜に指定です。
石田さんからお借りしました。
珍しくピッチがぶら下がるんですよ。
ミュートもそうだけど、フライトケースもそろそろ
色々出て来て欲しいです!
  • posted by mikio 
  • URL 
  • 2011.03/27 16:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

なるほど 

異なる音域の弦楽器群に対して、同じ音域のユーフォ5本ってところもあって
余計に難しかったでしょうね。

ソロはいつもながら、弱奏部のタッチにこだわりを感じました。
あとはミュートについて考えさせられました。
あのミュートはストレートですよね?
あの材質にしたのは、音色を考慮してですか?

ユーフォのミュートって、ともすればデニスウィック1本で
こと足りることが多いですが、もっと選択肢が増えると
面白いかなぁと思ってます。
プレイヤーの意識面でも、製品の品揃え面でも。
  • posted by ひろまろん 
  • URL 
  • 2011.03/07 12:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

キツイ 

あれは集中力とスタミナがキツかったです。
音域による音圧の差を埋めるのが管楽器とストリングの差を感じました。
またソロの感想も聞かせてね。
  • posted by mikio 
  • URL 
  • 2011.03/06 18:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。