Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回 大阪国際室内楽フェスタ 予選2日目

2日目のエントリーは6団体。
そのうち5団体が、本選への切符を手にされました。
おめでとうございます♪

予選の審査方法は、審査員各人が各団体100点満点で採点し
上位8団体を本選に推薦、それを集計して、推薦数の多い
上位8団体が本選出場という流れでした。

審査しといてあれですが、2日目からこれだけ予選通過したのは
なんか納得いかない部分も。
まぁ演奏者の方が、もっとモヤモヤしてるでしょうし
コンクールは結果が全て!
文句言うくらいなら受けるなっていうのが、コンクールの鉄の掟ですよね。
 
一応誤解のないように言っておくと、会場で目に見えたブーイングは
ありませんでしたし、僕が勝手に、モヤモヤしてるだけなんですがw
あきらかに身内(?)っぽい人が審査に加わっていたり
それってどうなんって思っちゃいました。
まぁそれも憶測の域を出ないんですけどね。
あと、当日配られた資料にミスプリが多く、それもどうやねんと…



それはともかく、ちょっと面白かったのが、リトアニアの団体。
リトアニアの音楽や、民族楽器の音を初めて聞いたのですが
すごく耳に心地よかったです。
また、いわゆるクラシックと言われる西洋音楽と
とても融合しているようにも思えました。

アメリカの団体で、連弾をされたお二人なんかも、面白かったです。
手の動きにも芸術性を持たせ、作曲された曲だと思うのですが
それを見事に表現されてました。
こういうのって、新しい魅せ方だなぁと、感心させられますね。

2団体とも本選に出場されますんで、聞きに行かれる方は
楽しみにしていてください!
また、予選通過ならなかった団体でも、もう一度聞いてみたいなぁ
という団体はいくつかあったりして、また来日してほしいなぁと思ったり。

本選は審査しないので、めっちゃ上手かった弦5に
弦3・木5、それにリトアニアの民族楽器なんかが
絡んでくるんでないかと、勝手に予想w

なにはともあれ、ご健闘をお祈りしています!


花束

協会のイメージイラスト。
舞台の垂れ幕にも描かれていて、なんで花束?と思ってたら
花ちゃうかったw

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。