Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想うこと 願うこと

私的な想いです。

その人に会ったのは、高校生の時。
高校から始めた吹奏楽、小さな教室に、部員全員がひしめきあって
おこなった合奏。その人は、その学校の卒業生でした。
なんか中学の時の、家庭教師に似てるよなぁってのが第一印象。

合奏中はめちゃくちゃ怖かった。よく怒ってたし。
でも部室で練習してる時、たまにアドバイスしてくれて
それがとても嬉しかった。
音大受験を決めてからは、よく車で大学まで送ってもらったな。
もう時効だから言いますが、高校の頃は興味本位でタバコを吸ってて
時間潰すのにもいいしって話したら、そんな理由ならやめてしまえと
管楽器には肺が大事なんだからと、言われたのが印象に残ってます。

あいつ練習してませんよと、陰口を叩いた次の日の合奏で、全員がボロボロ。
僕の前に入るテナーサックスがソロ入り間違って、僕も自分のソロ
わからんくなって、指揮を見るとあきらかに怒ってる。
曲が終わったら、無言で片付けて出て行きました。
全員で駐車場まで追っかけていって謝ったら、僕のほう見て
お前なぁ!!!って言われたのが印象に残ってます。

今、自分の生活を音楽中心に考えるのも、人のこと言う前に自分の練習
あらゆる演奏の結果は、自分に原因があると素直に考えられるのも
そんな高校時代の、ちょっとしたことが、きっかけだったのではと
思わなくもありません。

コンクールで関西大会にも2回連れて行ってもらいました。
合宿の帰りに、何時間も遠回りして、クラビノーバを家まで運んでくれたり
大人になってからは飲みに行ったり、仕事を一緒にしたりと、長い付き合いの中で
沢山の恩を感じています。

なので今回、倒れられたと聞き、今こそ恩を返すときだと、そう思いました。
難しい曲でしたが、それこそ必死にスコアを読みました。
今まで勉強してきたのは、こんな時の為にあるんだと、そう思いました。
でも違いました。

まったく気がつきませんでした。
こんなに長く付き合っていたのに、まったく気がつきませんでした。
あれほど教え子のことを思って話されていたのに、なぜこれほど教え子にとって
悪い影響を与えることをしてしまったのか。僕には分かりません。
人には誰しも表と裏があり、僕はその人の、表しか見れていなかったんでしょうか。
僕にも当然、裏はあり、そしてほんの些細なきっかけで、その裏が道を踏み外し
坂を転げ落ちて行く、そう考えると、とても怖くなります。
その一線はどこにでもあり、ほんの些細な力で越えてしまいます。
でも道を踏み外した人と、留まった人には大きな隔たりがあると思います。
それこそが理性の力かと。

今回のことは、僕にとって辛く悲しく、とても衝撃的なことでした。
でも生きている限りは、前に進まなければなりません。
そして可能ならば、しっかりと前を見据えて歩いて行きたい、そう思います。
いつかあの人も、そんなふうに前を見据えて歩いていける日がくればと
そう願ってやみません。

その時こそ、今まで受けたすべての恩を返す為に、前進全霊で支えることが出来たら
そう思います。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。