Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失はれる物語

乙一さんの書かれた短編集。

彼女と付き合う3ヶ月ほど前、何か面白い本はないかなぁということで
僕は彼女に有川浩さんの『レインツリーの国』をすすめ、彼女は僕に
Calling Youという乙一さんの短編が収められている『失はれる物語』
をすすめ、お互いに買いました。

両方とも恋の物語ですが、レインツリーの国はメールで二人がつながり
Calling Youは頭で想像した架空の携帯電話で、二人がつながっているお話です。
彼女とは1年のお付き合いでしたが、その前は7年ほどずっと友達でした。
そういう意味では、彼女との付き合いは長くもありますが、お互いの頭の中にある
携帯電話は、残念ながら圏外になってしまいました。
どちらが先に圏外になったかは、もう分りませんが、Calling Youの彼のように
彼女の為に全てをなげうって尽くすことは、僕には出来ませんでした。
僕の頭の中の携帯が、もっと高性能であればよかったのになと思います。
そうすれば、彼女の想いを受け止められたのに。

今夜再び、この本を手にとって読んでみようと思います。
彼女に何もしてあげられなかった僕ですが、今宵一晩、彼女との余韻に浸るぐらい
ゆるされるかなと。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。