Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪クラシック 2012

さてさて、後半戦に突入した大阪クラシック。
今年は空模様がよくありませんが、どの会場も大入りのようですね♪
かく言う僕も、いくつか聞きに行ってきました。



第3公演

テューバとピアノの演奏。
川浪さん演奏は、今までに2回、この大阪クラシックで聞いていますが
特に展覧会の絵で演奏された、ヴィドロは驚愕ものでした。
今回も、その美しく豊かなハイトーンは健在で、聞く者を夢の中へと誘い込みます。
金管吹きとして、とても憧れる演奏でした。
今晩また展覧会を演奏されるようですが、聞きに行けないのが残念でなりません!!


第25公演

トランペットとパイプオルガンの演奏。
なんか金管ばっかり行ってるなぁ(汗
しかしトランペット吹きとしては、この公演は外せませんね!
なるほど、こういうふうに鳴らすのかと、耳をダンボにして聞いておりました。
途中パイプオルガンの音が鳴らなくなったりと、普段なかなか目にすることの無い
ハプニングに遭遇したり、これも生の醍醐味かと楽しんでおります。
後半は急遽ピアノに変えて演奏。
お互いに違和感があったと思うのですが、臨機応変に対応されていて
演奏家としての力量を、リアルに感じる公演でした。


第45公演

ピアノ4台使っての春の祭典。
これはねぇ、もうなんというか、あいた口が塞がらないと言いますか
こんなん聞けるのかっ!!!!!!!!
と叫びたくなるほど、感激しましたね。
いやもう、すごすぎました。
大植さんが中心になって、時にキュー出しをしてはりましたが
よく合うなぁと。
大植さんの指揮で、オケのハルサイを聞きたくなりましたよ。

また、シャネルとストラヴィンスキーの逸話も面白く、ハルサイの再演時に
シャネルの5番を化粧室に置いていたことにかけて、今回はシャネルの誕生日に
由来する19番を、シンフォニーホールの化粧室に置かれてるとか。
あ~女の子誘ってくるんだったよ……


そんなこんなで前半戦終了。
たぶん、あと2公演くらいは聞きにいけるかなぁと思ってます。
弦も行かないとね。
それにしても今年のテーマは大阪となってますが、ちょっと分りませんねぇ
というか全然関係ないんちゃうん!?

まぁそれは良しとして、まだ30公演ほどありますので、皆さんも足を運んでみて下さい♪
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。