Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強は続くよ、どこまでも

奈良県吹奏楽連盟の主催でおこなわれた研修会。講師は昨年に引き続き、緒形まゆみ先生♪
雑感ではありますが、他府県からの参加者が増えた反面、地元からもっと参加者がいたらなぁと、少し思いました。

1日目は中学生のモデルバンドを使って、緒形先生のレッスンでした。
午前は3年生バンド、午後は1年生・2年生バンド。
今回、一番知りたかったのは、昨年参加された顧問の先生方が、研修会の内容をどのように、ご自身のバンドに取り入れたか、そしてその成果は?ご感想は? といったこと。
しかしそれは一目瞭然。モデルバンドを見て、そして聞いて納得しました。
一定の流れができている部活に、新しい手法を取り入れるのは難しいことだと思います。特に生活面に関して、学期の途中から変化させるのは、並々ならぬ努力が必要かと。
しかし、モデルバンドの生徒たちを見ると、あきらかに顔つきや態度が、昨年と違います。さらに驚いたことは、レッスン内での吸収力。学年を問わず、言われたことをぐんぐん吸収し、それをすぐさま演奏に反映していきます。
これは各校の先生方の指導が、表面的な技術にとどまらず、生徒ひとりひとりと向き合い、導き育てた結果だと思いました。そしてそれは、緒形先生の指導法の根幹にあるものかと感じます。
どんなメソッドも、使用法を誤れば意味を成しません。自身の教育観と照らし合わせ、適切に指導に取り入れられた先生方の手法に、もう脱帽です。
夜は楽しみな懇親会でしたが、翌日おこなわれる指導法のレッスン(一般バンドを参加者が実際に指導し、それをさらに緒形先生が指導する)の楽譜が1日目に配られたので、グッっと我慢し勉強することに。

そして2日目。
午前は指導法のレッスン。一番手に立候補です。
他府県から参加しているので遠慮もあり、少し迷いました。しかし、指導に長けたベテランの先生方も多々おられる研修会です。
「ぺーぺーが遠慮するなど100年早いわ!」と思い挙手(笑 
とにかく全力でぶつかろうと♪
課題曲はスーザのマーチ。スーザのスタイルを伝えつつ、演奏レベルも引き上げることを目標にしましたが、あえなく撃沈。準備したことの半分も出すことなく、終わりました。指揮法では、気をつけていた姿勢が乱れていたのも、反省点です。
そしてなんと、バスクラを吹いていたのは、師匠の奥さん。しかし気づかず……
バスクラとか打楽器とか、端っこの人は見れてなかった。緊張したり、感情が高まったりすると、物理的な視野が狭くなりますね。常に冷静でないとダメですね。

午後は緒形先生と参加者による懇談会。色々なことを話し合いましたが、割と出たのが外部講師の話。昨年、話し尽したように思っていましたが、まだまだ根が深い問題なのでしょうか。
外部講師側の問題点を言うならば、悪気がないことです。嫌がらせをしようなんて思っている人は、まずいません。子供の為にと思い、やっているのです。良いことだと思いやっているのです。だからこそ、問題がこじれる。
顧問と外部講師がもめても、良いことなんてひとつもありません。迷惑をこうむるのは、子供たち。
教育課程外とはいえ、学校内のことです。外部講師は顧問と生徒の関係を第一に考えるのが、筋だと思います。僕たち外部講師がいなくても部活はできますが、顧問がいなけりゃ部活はできません。
互いに大人同士。良い関係を築きたいものです。

最後はリトミック。部活動に役立つリトミックです。やっていると、どんどん思い出してきました。って言うか、忘れすぎだな(汗
録画されているなら、DVDとか販売してくれないかな……

そんなこんなで、あっと言う間の2日間でした。
緒形先生、連盟の方々、そしてともに学んだ先生方みなさんに感謝♪
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。