Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コピペ問題

 論文のコピペについては、何年も前から言われていたことですが、音楽においても同じようなことがあると思います。それは演奏のコピー。要は有名演奏家の模倣ですね。昔はCDでしたが、今はYoutubeとかですかね。
 真似ることは、とても得るものが多く、有意義な勉強方法だと思います。が、その演奏で世に問うなよと。模写は模写であり、その人の作品ではないと思います。やはり人前で演奏するに当たっては、楽譜から音楽を読み起こしていく作業をすべきかと。
 以前、オーボエの曲を演奏した時に、ネットにアップされていたホリガーの演奏をとても気にいったことがあり、少しそれをパクリました(コラ 誰もわからんやろーと思ってたのですが、演奏後、N先生から「ホリガー入ってたね」と言われ、とても恥ずかしかったことを覚えています。いま思い出しても、本当に恥ずかしい。
 それ以来、演奏会で使う曲は、ある程度完成するまで他の演奏を聞かないようにしています。自分の中で組み上がったのち、参考までに他の演奏も聞いてみるといった感じですね。
 たとえそれで稚拙な演奏になったとしても、楽譜を読む作業をとばしてはいけないと思う。いつか自分にしか出来ない音楽を奏でる為に。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。