Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い演奏をする為に 基本編②

 何日かに分けようかと思いましたが、連休明けからクソ忙しいし、もったいつける内容でもないので、切りの良い所まで一気にまとめておきます。
 今回は、前回の話を逆から見ていきます。
図解11
 音楽の最小単位である、音。
 これが他の音と繋がると──
図解13
 距離が生まれ、それがそのままリズムとなります。音楽の三要素のひとつですね。
 そして──
図解14
 音と音との隔たりは──
図解15
 皆さん大好きな、音程となります。
 そして、リズムと音程が組み合わさると──
図解16
 メロディが生まれます。これまた三要素!
 そこに同じ動きが重なれば──
図解17
 ハモり。つまりはハーモニーです。
図解18
 このようにして、より立体的に構築されてゆくわけです。
 しかし考えてみてください。音楽の最小単位である音が、かりにくそであったら……
図解19
 どうなるんでしょう……

図解20
 くそはいくら集まってもくそです。
 三人寄れば文殊の知恵と言いますが、くそが寄り集まってもくそです。むしろ臭い倍増です。
 塵も積もれば山となるとも言いますがくその山など、見たくもありません。窒息死します。

 もうお分かりだと思いますが、良い演奏をするためには、まず良い音であることが必要です。「あ」か「お」か判別できない字で書かれた手紙をもらっても困ります。美しい愛の言葉で満ち溢れた手紙は、美しい字で綴ってほしいものです。少なくとも、受け取った相手が読める字で書くことが前提です。
 音楽はひとつのコミュニケーションです。作曲家の思いを指揮者や演奏者を通し、聴衆へと伝えます。を使って。もちろん一方通行ではありません。
 しかしくそくそしか伝えず、くそしか返しません。
 良い演奏をするためには、まずあなたの音を良い音にしましょう。

良い演奏をする為に 基本編①

 吹奏楽コンクールの時期ということもあり、音楽について講義をたれて来ました。良い演奏をする為の基本的なこと。ネットなので、実技を伴わないところだけ簡単にまとめておきます。

 まずは音楽とは何ぞや。
 吹奏楽は音楽です。故に音楽のことを知らねば、良い演奏は出来ません。そりゃそうです。
 皆さん、字は書いたことありますよね。文章も書いたことありますよね。手紙、感想文、人によっては小論文や小説までも。人生を振り返ると、電子メールなども含め、途轍もない数の文字や文章を書いていると思います。じゃあ皆さんがエッセイや小説の賞に応募したとして、入賞できますか。
 皆さん、絵は書いたことありますよね。小学校の図工の時間、夏休みの宿題、中学高校の美術の時間。あるいは授業中のラクガキ。人生の中で、絵を書いたことがない人を探す方が難しい。じゃあ皆さんが絵画コンテストに応募したとして、入賞できますか。
 吹奏楽も同じことです。吹奏楽をやっている人は、楽器を吹いています。楽器を吹いていない人が、吹奏楽をやっていることはありません。物理的に出来ません。じゃあ楽器を吹いている人は、音楽コンクールを受けたとして入賞できますか。
 吹奏楽コンクールに出場する学生の多くは「金賞をとります!」とか「最高の演奏をします!」とか気軽に言うけれど、どうやってその高みに到達するつもりなのか……
 音楽山の、どのルートを進むんですか? 準備は出来てるの? 何を準備したの? そもそも音楽山ってどんな山?
 くどいようですが、吹奏楽は音楽です。故に音楽のことを知らねば、良い演奏は出来ません。
 とは言いましても、ここで述べるのは西洋音楽についてのごくごく当たり前のこと。気軽にご覧ください。

図解8

 まずは、音楽が何から出来ているか。音楽を構成する要素ですね。



図解9


 音楽の三要素と言われるものです。
 はい、知ってますよね。知ってる人は、もう読む必要はありません!
 良い演奏を実現する為に、練習してください。

 では、知らない人の為に続きをば……
 この音楽の三要素、これは何から出来ていますか。

図解10

 答えはです。
 つまり──

図解8
 音楽という物質は──


図解9
 メロディ分子とリズム分子とハーモニー分子で出来ており──


図解10
 それら音楽の三要素である分子は、という原子で出来ていると。
 良い演奏をする為に、何をすればよいのか見えてきましたか?
 続きはまた次回。

近況

 ようやく新しい仕事にも慣れて、執筆の時間も捻出できつつあります。まぁ、選評は厳しいものではありましたが、自信の弱点を克服できるよう努める所存です。めざせ一万字。
 ただ音楽とは離れていたので、指揮の技術が素人丸出しな感じになっておりました。こちらは執筆とは違い、お金を頂いていることなので、それこそ時間を捻出して何とかしなければと。個人的な勉強や訓練はいくらでもできますが、問題は素敵な音楽に触れる時間ですね。週休二日ではありますが、仕事が昼から夜なので、演奏会に行く時間がなかなか……

ご案内

プロフィール

ひろまろん

Author:ひろまろん
音楽と文学をこよなく愛してます。
このふたつには、通ずるとこがあるよ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。